キャリブレーション/校正から見た「計測器の管理」@エヌケイエス株式会社 NKS

校正専門企業のNKS > 校正から見た「計測器の管理」 > 計測機器の精度の表し方と意味

Yahoo!ブックマークに登録

計測機器の精度の表し方と意味

校正から見た「計測器の管理」

計測機器の精度の表記

計測機器の精度の表記は、主にF.S.とrdgがあります。

タイプ別の精度の表記の一例

表示タイプ 精度の表記
主にアナログタイプ ±2.0%F.S.
主にデジタルタイプ  ±(2.0%rdg+1dig)

精度の表し方と意味「F.S」

「F.S.」とは何か…

  • F.S.とは「full scale」の略で、「全測定範囲」を示します。
    • 「full scale」の表記は、「F.S.」の他にもあります。
      「f・s」「of fs」「span」など

「F.S.」表記の意味

  • 例えば、「精度:±2.0%F.S.」と表記されていたら、計測機器が保有している精度は、
    『全測定範囲(フルスケール)×2.0%』 の意味。
  • 測定値に関わらず、全測定範囲(フルスケール)に於ける許容差(精度幅)は同じ。  [図1参照]

精度の表し方と意味「rdg」「dig」

「rdg」「dig」とは何か…

  • rdgとは「reading」の略で、「読み取り値(測定値)」を示します。
    • 「reading」の表記は、「rdg」の他にもあります。
      「of rdg」「R.D.」など
  • digとは、「digit」の略で、「分解能(最小単位)」を示します。
    • 「digit」の表記は、「dig」の他に「dgt」「digits」があります。

「rdg」表記の意味

  • 例えば「精度:±2.0%rdg」と表記されていたら、計測機器が保有している精度は
    『測定値(読み取り値)×2.0%』 の意味。
  • 測定値(読み取り値)によって許容差(精度幅)が異なります。 [図2参照]

「dig」表記の意味

  • デジタル機器の特有(分解能)上から、付加されます。
  • 例えば「±1dig」と表記されていたら、測定値(読み取り値)の最小桁が0.1の位の場合、「±0.1」の許容差(精度幅)になります。

  • 図2は校正の視点での表になります。許容差は各基準値×2%で算出しています。
  • 「rdg」で計算すると最小測定範囲(この場合0.0℃)に近づく程小さくなり、測定機器の保有精度が高くなる事が分かりました。
  • 精度の数値が同じであっても、精度の表し方(F.S.とrdg)によって、実質的(絶対値)な許容差は異なっているのです。
  • 計測機器の精度の表し方と意味の違いを、ご理解戴けましたでしょうか。

関連情報をご紹介します。

上記内容についてのお問い合せ(Mail・TEL)/資料請求

校正業務のお見積り・お問い合わせ お問い合わせ MAIL 資料請求(無料) 業務に活(ツカ)える情報のメルマガ登録