キャリブレーション/計測器ごとの校正技術情報@エヌケイエス株式会社 NKS

校正専門企業のNKS > 計測器ごとの校正技術情報 > 校正のトピックスNo.3【「ロードセル」の構造から見た取扱いの注意点】

Yahoo!ブックマークに登録

校正のトピックスNo.3【「ロードセル」の構造から見た取扱いの注意点】

NKS流「ためしてガッテン!」

ロードセル(引張圧縮試験機)の測定原理

  • 金属は機械的な伸びや縮みを与えると、その電気抵抗が変化します。
  • ロードセルは、その原理を応用し、歪みゲージで電気信号を取り出すものです。

ロードセル(起歪体)」の特長

  • 力が一定限度以下(比例限度以下)なら、突発的な力(緑線)を加えても、起歪体は破損しない。
  • しかし、力をジワジワ加えても、一定限度(比例限度)を超えると、起歪体は変形してしまい、元に戻らない。

構造からくる取扱いの注意点 (その1)

  • 力を掛けるときは、比例限度を超えない。 ジワジワと加圧する。→ 突発した力を掛けない。
  • 早い速度で荷重を掛けると、装置の加圧コントロールができなくなる。
  • 加重操作は、資格者が行って安全裡に加圧をコントロールする。
  • cell1.GIF

構造からくる取扱いの注意点 (その2)

  • 力を掛けるときは、中心軸に垂直に加重する。
  • 加重方向や取り付けの良否が、そのまま測定誤差になってあらわれる。

関連情報をご紹介します。

上記内容についてのお問い合せ(Mail・TEL)/資料請求

校正業務のお見積り・お問い合わせ お問い合わせ MAIL 資料請求(無料) 業務に活(ツカ)える情報のメルマガ登録