キャリブレーション/計測器ごとの校正技術情報@エヌケイエス株式会社 NKS

校正専門企業のNKS > 計測器ごとの校正技術情報 > 校正のトピックスNo.8 【氷点式基準接点】

Yahoo!ブックマークに登録

校正のトピックスNo.8 【氷点式基準接点】

NKS流「ためしてガッテン!」

校正の舞台裏
   その1・・・熱電式温度計を校正する場合のポイント

今回は、熱電式温度計の指示校正における舞台裏をお伝えします

温度を測るとき、
温度計には、測温接点と基準接点の温度差に応じた起電力がかかります
 下図1で、現場の温度が、800℃
 温度指示計のある場所の室温が 30℃の場合、
 その入力端子には、800ー30=770℃の起電力がかかります。

kijyunnsettenn1.GIF

温度計の表示値は??
現場の温度(800℃)を表示するため、温度計には基準接点(入力端子)に
 入力される起電力(電圧)に、室温に相当する電圧をプラス・マイナスして補正
 しています。
 (この働きを一般に温度補償機能という)


従って、温度計を校正する場合は、mV発生器と温度計の間を銅導線と補償導線で
 接続し、その接続点(基準接点)の温度を0℃に保たなければなりません。
    (下図2)
そのための装置として、一般には氷点式基準接点補償器が使われますが、その
 内部温度を0℃に保つことが、正しい温度計の校正を行うポイントになります。

kijyunnsettenn2.GIF

氷点式基準接点補償器(アイスジャー)は、その氷の作り方や使い方によって
 測定温度に影響が出ます
恥ずかしいお話ですが、夏場の校正時に、氷が溶けてしまい、あわてて氷を買い
 に走ったことがあります

校正の舞台裏
   その2・・・氷点式基準接点をつくる場合の注意点

氷点式基準接点の作り方

氷点式基準接点補償器の内部温度を0℃に保つには、
 ●氷や水を扱う場合には、不純物が混じらないよう素手で扱わないこと
 ●きれいな氷を細かく砕いて、かき氷の状態にすること
 ●水面の高さは、基準接点が空中に出ないレベル以上の状態にすること
 ●長時間使用する場合、一定時間毎に点検して氷を補充すること
が大切になります。

熱電式温度計を正確に校正するには、舞台裏で、この様な準備や確認を
  行っています。

関連情報をご紹介します。

上記内容についてのお問い合せ(Mail・TEL)/資料請求

校正業務のお見積り・お問い合わせ お問い合わせ MAIL 資料請求(無料) 業務に活(ツカ)える情報のメルマガ登録