キャリブレーション/校正から見た「計測器の管理」@エヌケイエス株式会社 NKS

校正専門企業のNKS > 校正から見た「計測器の管理」 > 校正のトピックスNo.11 
 【校正作業手順の妥当性はどうやって保証しているの?】

Yahoo!ブックマークに登録

校正のトピックスNo.11 
 【校正作業手順の妥当性はどうやって保証しているの?】

校正から見た「計測器の管理」

前回、「本シリーズ No.6」で校正結果の正しさを左右する3要素をお伝え
 しましたが、今回、第2段として「校正作業手順の妥当性」をお伝えします。

校正手順を開発するプロセスは?

妥当性のある校正手順とは、
  『測定原理に基づいた校正作業が出来る手順であること』です。
当社は、校正手順の開発に当たっては、次の3点から行っています。
  ①機器の「測定原理」の側面から
  ②「作業の安全性」の側面から
  ③「関連法規・規格」の側面から

つまり、その手順に従って作業を進めることで、誰がやっても同じように、
 原理・原則に応じた測定ができるようにしています。
手順の内容は、次の8項目で構成されています。
  1)目的  2)使用する標準器  3)付属品及び工具  4)接続部品
  5)接続構成図  6)作業手順  7)判定  8)注意事項

校正手順の検証 その1・・・測定原理からの検証

当社では、手順の検証をする場合、技術を統括するグループから、
 機種に応じてメンバーを選任して行っています。
開発した手順の原案は、下記の3点から、その適合性を検証します。
  ①測定原理と手順の整合性
  ②技術的な適切性、安全性
  ③標準器(又は用具)と手順との整合性

校正手順の検証 その2・・・測定結果からの検証

実作業による手順の妥当性確認は、次の3点により確認されています。
  ①複数の作業者による測定
  ②同一測定者による繰り返し測定
  ③測定環境による測定値の補正

これらの測定値と補正値から得た各データは、測定器と標準器の特性、
 精度面から計算された想定値と比較し、最終的な妥当性評価を行っています。
お客様にお届けする校正業務は、測定器の機種、測定方法、測定項目別に
 分類された手順を、一つずつ測定原理に基づいて検証し、確立させています。

校正手順の開発や検証では、
  ①測定原理に基づいた手順を開発する為に、JISや取扱説明書等、文献を調べ
   ますが、なかなか望みの文献が探せず、焦ることが有ります。
  ②ダメだしをするために、実作業を行いますが、安全な校正作業を行う
   ために、予想もしなかった注意が必要になり、注意事項を修正したことも
   有ります。
上記は、校正手順の確立が妥当性を持った作業の一つの様で有ることを
  お話ししましたが 実はその作業は、校正業務とは正反対の業務なのです。
校正手順を確立するとは、いろんな関連事項を満足させる「無から有を生じさせる」
  極めて創造的業務なのです。
その結果、検証された手順で達成されるものは、「決めた事を決めた様にする」
  という世界なのです。

上記内容についてのお問い合せ(Mail・TEL)/資料請求

校正業務のお見積り・お問い合わせ お問い合わせ MAIL 資料請求(無料) 業務に活(ツカ)える情報のメルマガ登録