キャリブレーション/校正から見た「計測器の管理」@エヌケイエス株式会社 NKS

校正専門企業のNKS > 校正から見た「計測器の管理」 > 校正のトピックスNo.17
【計測器を中心としたお客様と当社の接点】

Yahoo!ブックマークに登録

校正のトピックスNo.17
【計測器を中心としたお客様と当社の接点】

校正から見た「計測器の管理」

【お客様】と【当社】の接点で、必ず登場するものは書類です

実は、「お客様」と「当社」を結ぶ接点時には、必ず書類が有ります。
一般的には、書類を作成するよりも、仕事の進行の方が大事だと思っているの
  ではないでしょうか?
当社のメンバーの中にも、そういった輩も多くいましたし、何を隠そう、実は
  私もその中の一人でした。
当社では、校正業務の依頼を受けてから、校正業務の引き渡しまでに、いろい
  ろな書類を用いて、お客様の要望を書面化したり、校正結果をお伝えして
 います。
この書類の完成度が、校正業務の品質を決定づけていると言っても、過言では
 ありません。

お客様との最初の接点で使われる書類

当社では、お客様から校正依頼を受けた場面で、必ず使用する書類に、「顧客
 ニーズ把握表」や「個別校正仕様書」等が有ります。
この「顧客ニーズ把握表」を用いて、想定されるリスクを洗い出し、そのリス
 クを事前に解消し、安全な作業を行うためにどうするのか、検討して
 いきます。
また、「個別校正仕様書」で決められた仕様に基づき、該当する手順を決め、
 その校正に必要な標準器、力量を有した校正員を選任し、校正業務の日程を
 決めていきます。

作業完了時のお客様との接点で使われる書類

校正業務の完了時に使用する書類には、「引渡書」や「校正品質記録」等の書
 類があります
「引渡書」では、校正を行った機器と環境の復帰確認の状態と、校正結果、
 作業で見つかった不具合などをお伝えし、仕事の引き渡しを確実にする
 書類です。
確実な校正業務を完遂する為には、お客様との最初の接点から、引き渡すま
 で、いろいろな書類で、お客様と関わります。
どの書類が欠けても、お客様が望まれている校正業務を提供することはできま
 せん。

書類がもたらす効果は・ ・ ・

当初、「書類なんて面倒だ」と思っていた私も、確実な校正業務を提供する
 には、書類の完成度がポイントになると、気付きました。
書類が仕事の出来栄えを左右すると、気付いてからは、書類の完成度を高める
 よう、日々、隅々まで気を配っています。
●書類で、仕事を進めるようになってから、想定されるリスクやその解決策も
 関係者間で情報を共有化でき、作業ミスはかなり少なくなりました。
●当社では、計測器を中心としたお客様と当社の接点時には、必ず書類を用い
 て、お客様の要望を聞き取り、正しく書面化する事で、確実な校正業務を
 提供しています。

上記内容についてのお問い合せ(Mail・TEL)/資料請求

校正業務のお見積り・お問い合わせ お問い合わせ MAIL 資料請求(無料) 業務に活(ツカ)える情報のメルマガ登録