キャリブレーション/計測器ごとの校正技術情報@エヌケイエス株式会社 NKS

校正専門企業のNKS > 計測器ごとの校正技術情報 > 『管状炉』…熱電対の校正設備

Yahoo!ブックマークに登録

『管状炉』…熱電対の校正設備

管状炉

3ゾーン温度制御システムにより、均熱性の高い温度
(±1℃ at1000℃)でコントロールできます

管状炉の外観

メーカー :Carbolite(製)
型 式 :TZF12/65/60
 
【常用最高温度】 1100 ℃
【炉管の内径】 65Φ
【炉の外寸長さ】 600 mm
【常用温度範囲】 600~1100 ℃
【炉内温度の安定性】 ±1℃以下(at 1000℃)

一般的な管状炉は、1ゾーンタイプ と 3ゾーンタイプの2種類があります。
当社は、炉内のすぐれた均熱性が可能な3ゾーンタイプを採用しています。

関連情報をご紹介します

上記内容についてのお問い合せ(Mail・TEL)/資料請求

校正業務のお見積り・お問い合わせ お問い合わせ MAIL 資料請求(無料) 業務に活(ツカ)える情報のメルマガ登録