キャリブレーション/計測器ごとの校正技術情報@エヌケイエス株式会社 NKS

校正専門企業のNKS > 計測器ごとの校正技術情報 > 校正のトピックスNo.70
【ブルドン管圧力計】:その取付姿勢で大丈夫?

Yahoo!ブックマークに登録

校正のトピックスNo.70
【ブルドン管圧力計】:その取付姿勢で大丈夫?

NKS流「ためしてガッテン!」

見やすいからってその姿勢でいいの?

  • ブルドン管圧力計は、圧力がかかると半円径の管のカーブが膨らみ、管先が移動する事で指示される圧力計です。
  • aturyokukei1.JPG
  • 現場でよく使用されている計測器ですが、その取付姿勢は気にされていますか?
  • 一般的には目盛板を垂直にして使う圧力計ですが、見やすい向きにしたいという理由でさまざまな取付姿勢になっていませんか?
  • メーカの取扱説明書を見ると「取付姿勢を目盛板が垂直になる様に取付けないと誤差になります。」と記載がありました。
  • では、姿勢の違いで圧力ゲージの指示にどんな影響があるのか疑問に思い実験してみました。

姿勢の違いにより圧力計の指示はどうなる?

  • 【被試験器】測定レンジが大きい圧力計 600kPa 1.6級 兵田計器
          測定レンジが小さい圧力計 50kPa 1.6級 兵田計器
    【標準器】デジタルマノメータ 265233 700kPa 横河電機製
         多機能ハンドポンプ PV411-HP ドラック製
    環境 25℃ 56%RH
  • 2つの圧力計を用いて、4つの姿勢
    (1)目盛板が垂直
    (2)後ろに45°傾ける
    (3)寝かせる
    (4)横に90°傾ける
    に変えた時の各圧力計の指示を測定しました。
  • aturyokukei2.JPG aturyokukei3.JPG aturyokukei4.JPG

実験結果から

  • 両圧力計共に目盛板が垂直姿勢の場合は誤差がありませんでした。他の姿勢の時は誤差が大きくなりました。
  • 測定レンジが小さい圧力計の方が誤差は大きくなり、(3)(4)の姿勢ではメーカ精度から外れました。

メーカの指定した姿勢で取付する事がポイントです。

  • 今回使用した圧力計は目盛板が垂直の姿勢でメーカにて予め調整されており、それ以外の姿勢ではブルドン管へ重力がかかる分だけ管先が移動して誤差になってしまいます。
  • 特に、測定レンジの小さい圧力計は重力に影響されやすいために誤差が大きくなります。
  • よってブルドン管圧力計を取付する際にはメーカが指定した正常な姿勢で取り付けることがポイントです。
  • また、垂直以外の姿勢で調整された圧力計を注文出来るのか、またその時には使用姿勢の明示があるのか気になり何社かのメーカに確認してみましたが、「垂直以外は対応出来ない」との回答でした。
  • ちなみに、ゼロ点は合っていても長年の使用でブルドン管が伸びて戻らなくなっているものもあり、誤差になりますので定期的な精度検査をお勧めします。

関連情報をご紹介します。

上記内容についてのお問い合せ(Mail・TEL)/資料請求

校正業務のお見積り・お問い合わせ お問い合わせ MAIL 資料請求(無料) 業務に活(ツカ)える情報のメルマガ登録