キャリブレーション/計測器ごとの校正技術情報@エヌケイエス株式会社 NKS

校正専門企業のNKS > 計測器ごとの校正技術情報 > 校正のトピックスNo.75
【ロードセルには取付ベースが不可欠。】

Yahoo!ブックマークに登録

校正のトピックスNo.75
【ロードセルには取付ベースが不可欠。】

NKS流「校正への工夫」

どうして取付ベースが必要なの?

  • 以前、ロードセルの構造から見た取扱いの注意点をお伝えしました。
  • ロードセルは、引張圧縮試験機などの頑丈な本体の取付ベースに取り付けられています。
  • rodo01.JPG
  • しかし、引取校正する際にはその取付ベースごと持ち帰る訳にはいきません。
  • その為、当社ではロードセルの引取校正を行う際、必ず取付ベースを用意しています。
  • rodo02.JPG
  • そこで、なぜロードセルの校正に取付ベースが必要かをお伝えします。

ロードセルはこんな構造をしています。

  • 上面には荷重受部(ロードボタン)の突起が有ります。
  • 側面には円状に荷重受部(起歪体)が有ります。
  • 下面の中央部は内部が空洞になっており、中にはアンプ部(歪みゲージ)と腐食を防ぐための不活性ガスが封入され、鉄でフタがしてあります。
  • rodo03.JPG

フタはアンプ部を保護するためだけの薄い鉄の板です。

  • 荷重受部がとても頑丈にできているので、フタの部分も一見頑丈に見えますが、実際は薄い鉄の板です。
  • 誤って、フタの部分に荷重を加えてしまうと、フタを破損させてしまいます。

取付ベースが必ず必要です。

  • 当社ではお客様のロードセルに合った取付ベースの有無を、必ず確認します。
  • もしも、取付ベースが無い場合には専用の取付ベースを製作します。
  • 取付ベースを使用すれば、荷重受部(起歪体)に均等に荷重を加えられ、また、誤ってフタに荷重が加わる事は有りません。
  • rodo04.JPG
  • ちなみに、当社ではこのように様々な取付ベースを所有しています。
  • rodo05.JPG rodo06.JPG
  • 取付ベースを使用する事で、機器の破損を防ぎ、より正確な校正を行う事が可能になりました。
  • これが当社のロードセルの引取校正への工夫です。

関連情報をご紹介します。

上記内容についてのお問い合せ(Mail・TEL)/資料請求

校正業務のお見積り・お問い合わせ お問い合わせ MAIL 資料請求(無料) 業務に活(ツカ)える情報のメルマガ登録