セクター規格への対応@エヌケイエス株式会社 NKS

校正専門企業のNKS > セクター規格への対応 > TS規格

校正/TS

TS規格への対応

TS規格に対する校正の考え方・進め方

当社の対応

TS規格の取得に苦慮されているお客様に対し、TS規格の要求事項に合致し、現実的に実現可能な進め方をご提案します。

校正に関する要求事項

  1. TS規格が要求している測定器の一般的な管理要件(TS/ISO16949 7.6項抜粋)
    • ①組織は、製品の適合性を実証するために、監視機器及び測定機器を明確にすること
    • ②監視及び測定の要求事項との整合性を確保出来る方法、それが出来るプロセスを確立すること
    • ③その測定機器は、国際又は国家計量標準にトレース可能な標準に照らして校正又は検証すること
  2. 校正試験
    試験所要求事項
    (TS/ISO16949 7.6.3項の抜粋)
    • ①内部試験所…内部の試験所施設は、検査、試験又は校正を実施する能力を含み、適用範囲が定められていること。その技術要求事項は次の5点。
      1) 試験所の手順の適切性
      2) 試験所要員の力量
      3) 製品の試験
      4) 該当するプロセス規格に合わせて実施する
      5) 関連する記録のレビュー
      ※この内部試験所は、ISO/IEC17025の資格をとればまったく問題ないが、それは必須要件にはなっていない
    • ②外部試験所…外部の試験所施設は、検査、試験又は校正を実施する能力を含み、適用範囲が定められ、次の事項のいずれかを満たすこと
      1) 外部試験所が顧客に受け入れられることができる証拠があること
      2) ISO/IEC17025又はこれと同等の国内基準に認定されていること
  • 実際の審査では、審査機関や審査官によって、校正の判断基準にバラツキがあります。
  • 正確には、直接お客様のTS審査機関にお問い合せ下さい。

当社からのご提案

  • 計測器を管理レベルで識別して下さい
    • TS管理対象機器を最小限にする
    • 例えば…
      TS対象:品質に重要な影響を与える工程で使っている計測器や、社内標準器を想定
      ISO対象:一般の生産工場で使っている計測器や中間製品を検査する計測器を想定
  • 「内部試験所」の設立・運用に協力します
    • NKSのノウハウを社内に取り込むことで、貴社の内部試験所が機能

上記内容についてのお問い合せ(Mail・TEL)/資料請求

校正業務のお見積り・お問い合わせ お問い合わせ MAIL 資料請求(無料) 業務に活(ツカ)える情報のメルマガ登録

セクター規格への対応へ >>