校正に関する相談窓口
電話でのお問い合わせ

052-522-2184

メール送信フォームからお問い合わせ

校正の基礎知識

校正をしなかったり、延ばしたりしたら・・!!

ISO規格としての考え方

校正をしなかったり、延ばしたりしたら・・!!

計測器の、その期間の状態確認が出来ず、最終的に、製品保証がデータ的にできなくなります。

校正をしないのであれば、「自社の製品は大丈夫だ」には、その裏づけ、根拠が必要となります

万が一、確認時に計測器が精度外れになった場合が問題です。
周期(期間)を延ばした分だけ過去に遡って保証が出来なくなります。

確認時点で許容精度から外れた場合でも、第三者に対して製造物(製品)の品質が正しいものであることを証明する独自の論理的根拠・体系を持っていることが必要です。

周期延長には、会社としての論理的根拠・体系が必要

最後に校正をした時点から廃棄までの期間の状態確認が出来ず、製品保証がデータ的にできなくなります。
よって廃棄する前に校正を行うことが必要です。

校正の成立要件とは?

上記内容についてのお問い合わせ(Mail・TEL)/資料請求