校正のトピックスNo.133 【UL規格に対応したNKSの校正業務とは?】 | NKS|計測器・測定器の校正業務

{{navs.title}}

TOPICS

2012.02.16

校正のトピックスNo.133
【UL規格に対応したNKSの校正業務とは?】

校正から見た「計測器の管理」

当社では、UL規格の校正対応を行っています。

    • UL規格は、「消費者の立場から、電気製品の火災や感電などの危険に対して人命や財産を守る事」を目的とした規格です。

  • もともとアメリカ国内向けの規格ですが、日本の製造メーカでもアメリカなどへ電気製品を輸出する場合には、UL規格に基づく安全試験が要求されるケースがあります。
  • また、国内メーカに部品を納入する場合でも、製品がアメリカなどで使われる事があれば、UL規格への対応を求められる事もあります。
  • 当社では、以前よりお客様からUL規格に対応した校正依頼を頂き、実績を重ねています。
  • そこで今回は、当社で行っているUL規格に対応した校正業務についてご紹介します。

UL規格は、校正に関する部分でどんな要求があるの?

    • UL規格の安全試験には、主に難燃性、安全、絶縁抵抗と距離、許容電流などがあり、その試験に関係する計測器が校正対象になります。
    • 校正に求められる要求事項としては、
    • 1.米国標準技術局、或いは他の国家計測標準機関までトレーサブルな標準器を使用して校正されている事が必要です。
    • 2.外部校正先として、1)ISO/IEC17025(JAB認定の校正試験所)に認定された校正機関で行い、使用する計測器の校正証明書にISO/IEC17025に適合している事が示され、校正日が有効期限内である事。

      2)ISO/IEC17025に認定されていない校正サービス業者で実施される場合には、校正の証明書には、11項目の要求事項が含まれている事。

  • 3.最低1年に一回の校正をする事。但しぶつけたりして、精度が確実で無くなった場合は、その都度校正をする必要があります。

UL規格に対して当社ではこんな対応をしています。

    • 当社はISO/IEC17025の認定事業所ではありませんが、発行する校正証明書、校正成績書などは、UL規格に必要な11項目の要求事項を明記しています。(英文での書類発行も可能です。)


  • また、1年に1回の校正要求をきちんと満たす為に、当社では、お客様の校正時期に合わせて校正有効期限のご連絡を行っています。
  • そして、現在30社ほどのお客様に対し、UL規格対応のお手伝いをしています。
  • UL規格対応の校正業務でお困りでしたら、是非当社へご連絡をお願いします。

上記内容についてのお問い合わせ(Mail・TEL)/資料請求