校正のトピックスNo.205 【業界毎から見た切り口:ねじ業界の品質管理部門】 | NKS|計測器・測定器の校正業務

{{navs.title}}

TOPICS

2013.08.22

校正のトピックスNo.205
【業界毎から見た切り口:ねじ業界の品質管理部門】

校正から見た「計測器の管理」

ねじ業界の品質管理部門では、どんな計測器が使われているの?

  • 第一回目から少し間が空いてしまいましたが、「業界毎で使われている機器やその特徴からみた当社ができること」をご紹介するメルマガ第二回目として、「ねじ業界」の品質管理部門を取り上げます。
  • ねじは、あらゆるモノに使われていて、用途によって形状・大きさ・強度も様々です。
  • ねじ業界の最終検査で管理されている計測器には、ロックウェル硬度計、形状寸法測定器、引張試験機、表面粗さ計、ねじゲージなどが有ります。
  • また、ねじの品質管理は、最終検査以外にも、製造工程でねじの強度に重要な役割を果たしている熱処理工程も有ります。

ねじの製造工程と合わせてどんな計測器が管理されているかを調べてみました。

    • ねじの製造工程とその場面で使用されている主な計測器。

製造工程から検査工程まで品質に関わる計測器管理のお役に立ちたいと考えています。

  • 品質管理に関わる計測器は、最終検査で使用される計測器と思われがちですが、製造工程の中にも多く潜んでいます。
  • 特にねじ業界に於いて、ねじの強度を付ける熱処理工程は、特殊工程とも呼ばれ管理が欠かせない工程です。
  • 当社では、熱処理工程の品質管理に必要な温度計関係、速度計、タイマーなどの計測器の校正から、炉内の温度分布測定等のお手伝いも行っています。
  • 製造工程にある計測器は、生産ラインを止めないとなかなか校正ができないため、時間に制限がありますが、お客様の設備の稼働状況に合わせ、出張で校正を行ったり、休日対応をしてお手伝いをしています。
  • 製造工程から検査工程まで全面的にお客様の品質に関わる計測器の管理のお役に立てればと日々考えています。

関連情報をご紹介します。

上記内容についてのお問い合わせ(Mail・TEL)/資料請求