校正のトピックスNo.219【天候を操る試験機も校正を行っています。】 | NKS|計測器・測定器の校正業務

{{navs.title}}

TOPICS

2013.11.28

校正のトピックスNo.219
【天候を操る試験機も校正を行っています。】

校正にまつわる豆知識

屋外では製品や材料の劣化を待つのに何年もかかります。

  • 屋外で使用される製品や材料は、太陽光、雨、温湿度などの影響をまともに受けて、年月とともに劣化してしまいます。
  • その為、天候のさまざまな条件に対し、製品や材料がどのくらいの期間で劣化してしまうのかを測定する必要があります。
  • しかし、屋外においたまま、劣化を待つには何年もかかるので、もっと早く結果を出すために、天候を操る試験機が使われています。
  • 今回のメルマガでは、機械で天候を操るユニークな促進耐候性試験機をご紹介します。

促進耐候性試験機ってどんなもの?

    • 耐候性試験機は、屋外の自然環境(太陽光、気温、湿度、雨など)の環境を機械的に作り、製品や材料の劣化や耐久性を試験する為の試験機です。

  • さらに、温度や紫外線の量を意図的に強めることで、劣化の度合いを早め、試験時間の短縮が可能です。
  • 例えば、軟質塩化ビニールの場合、一定条件のもとで、温度を高めに設定することで、800時間で屋外の1年に相当する効果が得られるとのことですから驚きです。
  • また、耐候性試験は、プラスチック、塗料、建築、繊維、ガラス、ゴムなどの材料に対してそれぞれJIS規格が決まっており、さまざまな業種のお客様で使用されています。

当社では耐候性試験機の校正も行っています。

    • 当社が校正出来る校正項目は下記になります。

  • 耐候性試験機の校正をお考えのお客様がいらっしゃいましたら、是非当社へご相談をお願いします。

関連情報をご紹介します。

上記内容についてのお問い合わせ(Mail・TEL)/資料請求