校正のトピックスNo.231【新たに導入した画像測定機をご紹介します。】 | NKS|計測器・測定器の校正業務

{{navs.title}}

TOPICS

2014.03.13

校正のトピックスNo.231
【新たに導入した画像測定機をご紹介します。】

NKS流「校正への工夫」

小さなゲージ類の校正まで自社で対応出来るようになりました。

  • 今まで、Rゲージや6mm以下のリングゲージなど、小さなゲージ類は、当社の所有する標準器で対応できないことが悩みでした。
  • そこでようやく当社も画像測定機を導入し、小さなゲージ類まで校正範囲を拡張することができました。
  • 今回は、当社が導入した画像測定機と、校正ができるようになった主なゲージ類についてご紹介します。

導入した画像測定機と校正できるようになったゲージ類

    • 画像測定機の紹介

    • 型式:QV-X302P1L-C ミツトヨ製
      測定範囲(校正有効範囲):240×160×155mm、測定物の最大質量:20kg
      精度:XY軸(1.5+3L/1000)μm、Z軸(1.5+4L/1000)μm
    • 対応可能になった主なゲージ類

幅広くお客様のゲージ類の校正のお手伝いができるようになりました。

  • 画像測定機では、距離、線間距離、円の直径、半径、円弧の半径、楕円形、角度、ねじのピッチ等が自在に測定できます。
  • 今回ご紹介したゲージ以外にも、ネジゲージやテンプレート等、様々な形状の校正にもお役に立てると考えています。
  • ちなみにこの画像測定機は、当社の社内校正グループに導入しました。(当社知立事業所2F)
  • ここでは、当社標準器の校正や、ブロックゲージ・温湿度計など、特別な環境を必要とする校正を集中して行う場所です。
  • 今後も新たな標準器を導入しお客様のご要望に少しずつでも応えられると嬉しく思っています。

関連情報をご紹介します。

上記内容についてのお問い合わせ(Mail・TEL)/資料請求