校正に関する相談窓口
電話でのお問い合わせ

052-522-2184

お問い合わせ一覧

校正のトピックスNo.235
【現地での流量計校正:治具で見栄えと作業の安心度がアップしました。】

NKS流「校正への工夫」

流量計校正時の見栄えが気になっていました。

  • 当社では、製薬工場などのお客様で各種流体の量を測定している流量計を現場でキャリブレーション(校正)する作業を行っています。
  • 具体的には、当社の標準の流量計を配管の途中に接続して流量計の校正を行います。
  • しかし、今までは標準流量計を現場で床や作業台の上に寝かせて作業をしており、見栄えが悪いと同時に、配管等でお客様の床などを傷つけてしまう恐れがありました。
  • koteidai1.JPG
  • そこで当社では、こんな流量計を支える治具を製作しました。

見栄えと作業の安心度がアップしました。

  • 精密な標準流量計をしっかり支え、しかもやさしく抱えるようなカタチを意識して製作し、見栄えが良くなりました。
  • koteidai2.JPG
  • また、機能面でもこんなメリットがあります。
    1)樹脂でしっかり受け止めているため、左右の揺れを防ぎ、標準流量計を安定して設置出来ます。
    2)足も樹脂で出来ている為、お客様の床を傷付けにくくなりました。
    3)治具が置けるスペースがあれば、どの現場でもメーカ推奨の取付姿勢で校正出来ます。

現地での流量計校正のご用命は当社へお願いします。

  • この支持治具により、お客様に、より安全で安心な現場での作業をお届け出来る様になりました。
  • ちなみに、今回ご紹介した治具は配管径が25A用ですが、当社では8A~50A用までの標準流量計を所持しており、それぞれの配管径にあわせた固定治具を製作中です。
  • お客様で、現地での流量計校正でお困りになっていらっしゃることがありましたら、是非当社へご相談をお願いします。

関連情報をご紹介します。

上記内容についてのお問い合わせ(Mail・TEL)/資料請求