校正のトピックスNo.304【オートクレーブ:医薬業界だけではない幅広い使い方】 | NKS|計測器・測定器の校正業務

{{navs.title}}

TOPICS

2015.10.15

校正のトピックスNo.304
【オートクレーブ:医薬業界だけではない幅広い使い方】

校正にまつわる豆知識

オートクレーブは滅菌の目的以外で使用されているの?

    • 先日、ある新規のお客様からオートクレーブの校正の問い合わせがありました。
    • オートクレーブとは、密閉容器の中に高温高圧の環境を作り出す装置で、100℃を超える水蒸気も容易に作り出せますので、その特長をうまく利用して医療器具などの滅菌に使われています。

  • お客様は滅菌の用途で使用しているものだと思って話を伺っていると、何か話が噛み合いません。そこで業種を尋ねたところ、医薬業界ではない機械部品業界の方でした。
  • 「機械部品で滅菌?」と不思議に思い、オートクレーブがどのように使われるのか調べてみました。

オートクレーブには、いろいろな使い方があることが分かりました。

    • オートクレーブと一言でいっても、実は用途によっていろいろな種類があります。
    • そして、使い方としては、滅菌だけではなく、製品の製造から試験にいたるまで、製品ごとに幅広い用途があることが分かりました。

  • ちなみに、生活の中で身近なものとしては、炊飯器や圧力釜もオートクレーブの仲間で高温高圧を上手く利用した例です。

お客様ごとに最適な校正仕様をご提案致します。

    • 当社で行っているオートクレーブの校正内容は下記の通りです。

  • 校正項目・校正ポイント・判定精度につきましては、設備の仕様を考慮した上でお客様のご要望をお聞きしながら、最適な校正仕様をご提案致します。
  • また、医薬業界のお客様につきましては、校正業務に加え、クオリフィケーション(適格性評価)業務もご提供致しております。
  • どの業界のお客様におかれましても、オートクレーブの校正のご要望がございましたらお気軽にお声を掛けて頂ければ嬉しく思います。

関連情報をご紹介します。

上記内容についてのお問い合わせ(Mail・TEL)/資料請求