校正のトピックスNo.340【バリデーションセミナー開催(9月)のご案内】 | NKS|計測器・測定器の校正業務

{{navs.title}}

TOPICS

2016.08.04

校正のトピックスNo.340
【バリデーションセミナー開催(9月)のご案内】

バリデーションを具体的にどう実現していけばよいか?

  • 今回は、当社がお手伝いしているもう1つの柱である、バリデーション支援業務の一環として行っております「バリデーション(適格性評価)のセミナー開催」のご案内です。
  • 実際に実務を担当されるご担当者の悩み事として、
    ・設備・装置のバリデーション(適格性評価)で具体的に
    何をすればよいのか?
    ・実施計画書をどうやって作成すればよいのか?
    ・校正(キャリブレーション)をどうすればよいのか?
    ・どんな記録を作成すればよいのか?
    といった疑問から、たくさんお問い合わせを頂いております。
  • そんな疑問に少しでもお応えできればと思い、セミナーを開催する運びとなりました。

フィールドで実務を担当する立場から解決方法をご提案します。

  • 当社のセミナーの特徴は、設備・装置のバリデーション規格の要求内容(「バリデーション基準」「コンピュータ化システム適性管理ガイドライン」などの要求内容)から、実施計画書作成(記録)まで、現在当社がお客様のバリデーション支援(適格性評価・校正)のお手伝いを実施する際に使用している、最新のドキュメントを活用し、ポイントをご紹介致します。
  • 「セミナーの詳しい情報・申し込み方法」はこちらへ>>

たくさんのご参加お待ちしております。

  • 近頃は、ご要望に応じた個別セミナーを実施しておりましたが、今回の形式のセミナーはおよそ2年振りの開催となります。お待たせして申し訳有りませんでした。
  • 定員は、会場の都合もあり僅か24名になりますが、非常にリーズナブルな参加費にもなっております。是非たくさんのご参加お待ちしております。
  • また引き続き、個別対応のセミナーも実施致しますので、その際はご遠慮なく相談下さい。

上記内容についてのお問い合わせ(Mail・TEL)/資料請求