【期間限定】コロナウィルス校正サービス担当たちの時期限定な日常 その2 | NKS|計測器・測定器の校正業務

{{navs.title}}

TOPICS

2020.05.07

【期間限定】コロナウィルス
校正サービス担当たちの時期限定な日常 その2

緊急事態宣言の中で取り組むNKSの今

  • 新型コロナウイルスが世界的な猛威をふるう最中、みなさまも感染予防の為に在宅ワークや時差出勤などへ働き方が変化しいていると思います。
  • 当社でも営業職や事務職はテレワークを実施して働き方が変わりました。加えて、業務の性質上テレワークが困難な校正サービス担当にも、変化の波が来ています。
  • そのサービス担当の変化(取組み・哀愁・苦悩・努力・祈りetc.)を3週間の間で週2回ご紹介しています。(今回は第1週の2回目配信です。)
  • 挿絵、文中に不適切と思われる表現があるかもしれませんが、現場の生の声を忠実にお届けしたいので原文のまま掲載しております。あらかじめご容赦ください。

キョリ間(感)が大事?

    • 密集をつくらないように作業しております。
    • 1.5m以上がルール、600mmの標準ゲージ3個分を目安としています。
    • 標準ゲージが頭に浮かぶところは校正屋のサガでしょうか。コロナ終息を願っております。

清掃の腕があがっている?

    • 現地作業終了後は、お客様から借用した机や椅子、ドアノブなど所定の清掃をしています。
    • 清掃は、今の時期特別という訳ではなく、普段もルーティーンでやっていることですが、“もしも”を考えると、念入りになってしまいます。
    • 心なしか、みんな最近手際が良い気が・・祈コロナ終息。

上記内容についてのお問い合わせ(Mail・TEL)/資料請求